女性のBMI計算・標準値と、キレイな体を作る使い方!

女性のBMI

「女性のBMIの目安を知りたい!」「痩せてBMIを落としたい!」という希望はありますか?

BMIは数値としてハッキリ分かるので、気になるものだと思います。

専門的に見た、女性のBMIの基準と、スタイルの「目安」としての使い方が分かると、キレイな体を作れると思います!

ダイエットPlezの女性のクライアントさんも、BMIを落とすことはもちろん、BMIを正しく使って、モチベーションを落とさずに成功しています!

記事を読んだ方が、理想のBMIとスタイルを手に入れられるように、楽しくキレイな体を作るダイエットPlezのノウハウを公開します!

万代崇

この記事は、科学的な知見とトレーナーや医師への指導経験も持つ、ダイエットPlezのコンサルタントが作成しました。

(ダイエットの結果には個人差があります)

1.女性のBMIの計算!

BMIは、ボディマスインデックスという、体格を表す指数です。

BMIは、こちらのフォームで自動計算できます!

 計算式
体重(kg)÷身長(m)÷身長

2.女性のBMI標準値・基準値!

女性のBMIの標準は

21~23が標準で、若い人ほど低い傾向があります!

女性の、年齢別のBMIの標準値がこちらです。

年齢BMI
15~19歳20.4
20~29歳21.1
30~39歳21.8
40~49歳22.2
50~59歳22.7
60~69歳22.8
70歳以上22.8
平均22.4

女性のBMIの標準値

10代~20代女性の標準値は、20~21と、平均よりも低くなっています。

30代~40代にかけて、BMIの標準値は高くなる傾向にあります。

これは、年齢とともに生活の中での運動量が減ったり、食事の変化や、自然と基礎代謝が減少するという要因があります。

基礎代謝は、1年ごとに、平均5kcal/日下がっていきます。

また、時代とともに、女性のBMIの標準値も変化してきました。

女性のBMIの推移
source:厚生労働省 身体状況調査
※1950~2014年まで、5年ごとに、身長・体重からBMIを集計。

戦後すぐは、年齢ごとの差が少なく、全ての年代で21~22ぐらいが女性の標準値でした。

その後、10代・20代のBMIは下がってきて、50代以上のBMIは増加している傾向にあります。

全体的に、車・家電の普及、デスクワークの増加による運動量の減少や、洋食化などの生活スタイルの変化があります。

一方で、ファッション業界を中心に、女性はより細い方が美しいとする傾向があります。

その影響で、10代・20代女性のBMIは低くなっていると考えられます。

ポイントpoint
女性のBMIの標準は21~23で、年齢や時代で変化しています

3.モデルや女性芸能人のBMIは?

モデルや芸能人のBMI

16~18ぐらいとかなり低く、公表している数値と実際の数値が違うこともあります。
無理に目指すと危険なケースもあるので、参考程度にしましょう!

モデル・女性芸能人のBMI

モデルや女性芸能人の中には、BMIが16など、極端に体重が軽い人がいます。

中には、このような人のスタイルを理想にして、ダイエットに励む女性もいます。

しかし、極端にBMIを下げるのは危険です。

体重や体脂肪を減らしすぎると、頭痛や倦怠感といった体調不良など、健康を損なう危険性があります。

ひどい場合、生理が止まってしまうこともあります。

ダイエットPlezでダイエット指導を受けられる方の中にも、過去に、極端なダイエットをして生理が止まった経験のある方もいらっしゃいます。

また、極端に痩せようとすると、食事が出来なくなったり際限なく食べてしまう、摂食障害になる危険性もあります。

痩せすぎは、健康を損なう危険性があります

モデルや芸能人の体重は、ごく一時点の数字だったり、実際の値と違うこともあります。

また、もともとの骨格や水分量などが違って、体脂肪量が同じであっても、体重が軽いということもあります。

マネをして極端に体重を落とそうとすると、そのはるか手前で健康を損なうこともあります。

イタリアやスペインのファッションショーの中には、「BMIが18以下のモデルを採用しない」という基準を設けているものもあります。

ダイエットPlezでダイエット指導を行う場合も、体重を落としすぎることはススメていません。

体脂肪を減らすことで、細くキレイなラインを作れる一方で、女性らしいラインを作るにはある程度体脂肪も必要です。

体脂肪や体重を落としすぎず、適度にダイエットをすることで、健康と女性らしいキレイなラインを両立できます。

ポイントpoint
モデル・女性芸能人のBMIは、過度に低いケースがあるので、目標にすると健康を損なうリスクがあります。
BMIを落としすぎない方が、健康で女性らしいラインを作れます!

パソコン用の画像スマートフォン用の画像

キレイな体を楽しく作る!
プロも受けるダイエット指導

ダイエットPlezのコンサルタントが
あなたのダイエット成功を指導!

4.BMIは目安に、実際のスタイルを良くしよう!

BMIの正しい使い方

必ずしも、BMIが低い=スタイルが良い、というワケではありません。
BMIは目安として使って、実際のスタイルを良くすることを目指しましょう!

BMIが絶対の基準ではない

BMIはもともと、健康面から、痩せている・太っているを判定するために作られた基準です。

そして、ダイエットで使われるときも、一般的には同じ基準で判定を行います。

BMI判定
18.5未満痩せ
18.5~25未満標準
25~30未満肥満
30以上高度な肥満

しかし、ダイエットでこの基準を使うには、2つ問題があります。

1つは、「標準」の範囲が広すぎて、判定と実際のスタイルがあまり合わないことです。

もう1つは、スタイルが良いこととBMIが低いことは、必ずしも一致しないことです。

4.1BMIの基準と実際のスタイルの違い

BMIでは、18.5~25が「標準」と判断されます。

身長が160cmの女性であれば、47kg~64kgが「標準」となります。

しかし、BMI18.5:47kgの人と、BMI25:64kgの人では、かなりスタイルが違います。
BMIと女性のスタイル

BMIが25に近い場合、だいたいの女性が、痩せたいと希望します。

一方で、「18.5を下回らないと痩せていない」という訳ではありません。

20を下回ると、なかりスリムな見た目になります。

18.5を下回ると、痩せているというより、痩せすぎになってきます。

単純に「標準」という基準でも、実際のスタイルはかなり幅があるのです。

BMIの基準だと、「標準」の範囲が広すぎて、判断の参考にならないのです。

ポイントpoint
BMIの「標準」の範囲はかなり広いので、自分で目安を決めましょう!

4.2BMIとスタイルは連動しないことがある!?

BMIとキレイなスタイル

BMIは、身長と体重をもとにした指数です。

そして、ダイエットでは、体重を減らすことを目的に実践する方もいます。

しかし、ダイエットの目的は、体重を減らすことではありません

ダイエットの目的は、体脂肪を減らすことです

ダイエットは、スタイルを良くしたり、好きな服を着たり、健康な体を手に入れるために、体脂肪を落とすことが目的です。

体重は、体脂肪の目安になりますが、完全に体脂肪と連動するものではありません

体重は、体脂肪以外の要因でも変動するのです。

ポイントpoint
BMIは、脂肪以外の要因で変動するケースがあります

4.3短期間のBMIの変動は、スタイルとは別!?

ダイエット≠体重を減らす

体重は、長期的に見ると、体脂肪量と連動します。

しかし、短期的には、体重は体脂肪量と全く関係なく動きます

その主な原因は、体の中の水分です。

体脂肪は、ダイエットを頑張っても、食べ過ぎても、1日に100g程度しか変わりません。

一方、体水分は、簡単に1~2kg変動します。

「ダイエットを開始して、数日で1~2kg減った」「食べ過ぎた翌日に2kg太った」「食事制限をしているのに体重が減らない」

これらは、ほとんど全て体水分の影響です。

ポイントpoint
短期的には、BMIは、脂肪より体の水分などで変動します

4.4BMIが増えても、メリハリボディになる!

長期的に見ると、体重は、体脂肪と連動して動きます。

ただし、体重が連動するのは、体脂肪だけではありません。

筋肉量によっても変化します。

筋肉が減ると、体重が減り、BMIも減ります。

しかし、筋肉が少ないと、細くてもメリハリがない体になったり、たるみが残ってしまうことがあります。

男性だけでなく、女性も、バランスを考えて適度に筋肉を付けることで、キレイなスタイルを作れます。

BMIは、低ければ低いほどキレイになるという訳ではないのです。

体重が軽ければ軽いほど良いというのは、人工的に作られた価値観です。

筋肉と体重
source:https://jp.pinterest.com/pin/91127592433680808/

ダイエットとは、体重を減らすことではありません。

階級のあるスポーツなどでなければ、体重を減らすことは目的になりません。

ダイエットの目的は、体脂肪を減らすことです。

体脂肪を落としてキレイなスタイルを作ることを目的に、体重やBMIを目安として使いましょう

 BMIは低くても、健康を損ない、細いだけでメリハリのない体

 BMIはある程度高くても、健康で、メリハリのある美しい体

あなたはどちらを選びますか?

ポイントpoint
BMIは筋肉でも変動します。
適度に筋肉を付けると、BMIが上がったとしても、メリハリのあるキレイな体になります!

パソコン用の画像スマートフォン用の画像

キレイな体を楽しく作る!
プロも受けるダイエット指導

ダイエットPlezのコンサルタントが
あなたのダイエット成功を指導!

女性のBMIと正しい使い方まとめ

女性のBMIとダイエット

いかがでしたでしょうか?

BMIは、あくまでも目安であって、ダイエットの目的ではありません。

ダイエットの目的は、体脂肪を落とすことです。

そして、BMIの痩せている・太っているという基準も、特に気にする必要はありません。

「標準」でも、実際には痩せていることもあります。

そして、極端に低いBMIを目指さないようにしましょう。

大事なのは、数字ではなく、実際のスタイルや健康です。

バランスを考えて、適度に筋肉を付けると、単に細いよりキレイなスタイルを作ることが出来ます。

健康的にダイエットを実践して、理想のスタイルと健康な体を手に入れましょう!

この記事のポイントまとめ

 BMIは水分や筋肉によっても変動する

 BMIの基準をあてにしない

 BMIを下げ過ぎると、健康を害する危険性がある

 ダイエットの目的は、体脂肪を落とすこと

 キレイな体を作る目安として、BMIを使う

パソコン用の画像スマートフォン用の画像

キレイな体を楽しく作る!
プロも受けるダイエット指導

ダイエットPlezのコンサルタントが
あなたのダイエット成功を指導!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSをフォローすると更新情報を受け取れます!

 ダイエットPlez(プレズ)

コメントを残す