体重が減らない3つの原因&体重を減らすダイエット方法!

体重が減らない原因と解決方法

「ダイエットをしても体重が減らない・・・」という悩みや、「体重を落とす方法を知りたい!」という希望はありますか?

努力をしても体重が減らないのはツライものだと思います。

体重が落ちないのは、専門的に見ると
1.ダイエットの効果が低い
2.脂肪量と体重は動きが違う
3.基礎代謝が落ちている
という3つの原因があります。

それぞれ、
1.食事メインの効果的な方法に改善
2.体重の動き方と使い方を身に着ける
3.基礎代謝を戻すリフレッシュ
が効果的です!

指導を受けたクライアントさんも、この方法で成功しています。

ダイエット成功例

読んだ方がしっかり体重を落とせるように、楽しくキレイな体を作るダイエットPlezのノウハウを公開します!

万代崇

この記事は、科学的な知見とトレーナーや医師への指導経験も持つ、ダイエットPlezのコンサルタントが作成しました。

(ダイエットの結果には個人差があります)

体重が減らない3つの原因と解消方法

なかなか体重が減らないことには、専門的に見て3つの原因と解消方法があります!

原因1:
ダイエットの効果が低い

効果の低いダイエットや間違った方法だと、がんばっても体重が減らないことがあります。

食事のコントロール中心にした、効果的な方法に改善しましょう!

正しいダイエットで体重を落とそう!→で解消法を紹介!

原因2:
体重と脂肪の動きが異なるため
痩せても体重が落ちない

脂肪が減っても、体の水分などが増えると、体重が落ちないことがあります。

体重が落ちないのは一時的で、いずれ落ちてくるので、モチベーションを落とさずにダイエットを続けましょう!

体重の動き方を知ってモチベーションを保とう!→で解消法を紹介!

原因3:
基礎代謝が落ちて痩せなくなっている

カロリーや主食を大きくカットするなどで、体のストレスが大きいと、基礎代謝が低下して痩せにくくなってしまいます。

しばらくしっかり食事を摂って、体をリフレッシュして基礎代謝を戻しましょう!

基礎代謝を戻して体重を減らそう!→で解消法を紹介!

正しいダイエットで体重を落とそう!

ポイントpoint
ダイエットの効果が低いと、がんばってもなかなか体重が減らないケースがあります。
食事のコントロールを中心にした正しいダイエットで、体重を落としましょう!

せっかくダイエットを頑張っても、効果が低かったりやり方が正しくないと、脂肪が落ちずなかなか体重も減らないものです。

ダイエットはいろいろな情報がありますが、残念ながら、本当に正しい方法はプロにも知られていないのが現状です。

がんばっても成果が見えないのは、ツライものだと思います。

あなたもしっかり体重を減らせるように、正しいダイエット方法を紹介します!

ダイエットに1番大切なポイントはカロリー!

ポイントpoint
ダイエットは摂取カロリー<消費カロリーを作るのが1番大切なポイントです

ダイエットで体重・脂肪を減らすには、大切なポイントがいくつかあります。

その中でも1番大切なポイントがこちらです!

ダイエット指導を受けられた方や、サイトを利用されている方はもうお馴染みですよね。

摂取カロリー<消費カロリーの状態を作る!

摂取カロリー<消費カロリーというのは当たり前のようですよね。

しかし、食事のコントロールか体を動かすことが必要で、意外と押さえられていないポイントでもあります。

できれば、「食事制限も運動も行わずに楽に痩せたい!」というのが自然な気持ちだと思います。

ダイエットの食事や運動は、ガマンばかりでツラいイメージがあるかもしれませんね。

しかし、コツが分かれば、食事も運動も時間をかけずに楽しく取り組めます!

楽しく食事をコントロールしよう!

ポイントpoint
食べるものを少し変えて食事をコントロールすると、簡単に楽しくダイエットをできます!

脂肪を落として体重を減らすには、食事のカロリーを抑えることが1番大切で効果的です

食事のカロリーを抑えるというと、「食べるのをガマンする」「野菜やこんにゃくを食べ続ける」など、ツラいイメージがあるかもしれませんね。

ダイエットPlezのダイエットでは、ガマンでツラい「食事制限」ではなく、ポイントを抑えて「食事をコントロール」します!

「食べない」のではなく、「ポイントを抑えて食べる」ことで、楽しく食事をコントロールできます!

オススメの食事方法!

オススメの食事方法の1つは、食べるものを少し変えることです。

普段の食事を、少しダイエット向きのものに変えることで、食べる量を減らさず簡単にダイエット向きの食事をできます!

例)
カフェラテ→ブラックや、コーヒー+フレッシュにする
△150kcal

鶏肉→皮なしにする
鶏肉100gで△100kcal

クリームパスタ→トマトソースや和風にする
△200~300kcal

豚バラ→豚モモにする
100gで△210kcal

アイスクリーム→アイスキャンディにする
100mlで△100kcal

このように食べるものを少し変えるだけで、普段と同じような食事をしながらダイエットをできます!

ダイエットPlezのダイエットでは、トータルのカロリーを抑えれば何を食べても良いので、NG食品も1つもありません

もちろん、オススメの食べ物や食事方法は他にもたくさんあります!

また、基礎代謝を落とさない・満足感を得る・筋肉を落とさない・スイーツやお酒を楽しむ方法など、ポイントはたくさんあります。

その中でも、特に大切なポイントが食事のカロリーを抑えることで、コツをつかめば楽しく取り組めます!

こちらは、6ヶ月で△15kg落とされたまいさんの実際の食事です。

ダイエット成功者の食事例

– 息抜きを兼ねた記念日のディナー –
ダイエット成功者の記念日の食事例 ダイエット成功者の記念日の食事例

ぜひポイントを押さえて、食事を楽しみながら体重を減らしましょう!

(指導では、一人ひとりの状況に合わせた方法をご提供するため、違う食事方法をご提案するケースもあります)

体重を減らすのに運動はこう取り組もう!

ダイエットは摂取カロリー<消費カロリーの状態を作ることが1番大切です。

消費カロリーを上げることもダイエット効果があり、そのためには体を動かすことが必要です。

ただ、運動の効果的な使い方は、一般的な情報とけっこう違いがあります。

運動をがんばっていた人にはショックな部分があるかもしれませんが、体重を落として成功できるように、運動の正しい使い方を紹介します!

有酸素運動は食事のサポートに使おう!

ポイントpoint
有酸素運動は、カロリーを消費した分で好きな食事を楽しむために行いましょう!

有酸素運動は、「体重を減らすため・痩せるため」というよりも、「食事を楽しむため」に行うのがオススメです!

例えば、1時間ウォーキングをして、どれぐらい脂肪が減るイメージがありますか??

1時間もかけるので、何百gか減ってほしい所だと思いますが・・・

実際に減る脂肪は、15~30g程度なのです。

運動メインのダイエットだと、なかなか体重が減らず、モチベーションも続きにくいと思います・・・

食事のコントロールだと、カフェラテ3杯をコーヒーに変えるだけで、ウォーキング3~5時間分の効果があります。

そのため、ダイエットは食事のコントロールを中心に行うのがオススメです!

そして、運動でカロリーを消費すると、その分で揚げ物・スイーツ・炭水化物・お酒など好きなものを楽しめます!

食事をメインにして、運動で消費した分食事を楽しむ方法なら、期待通りの効果を得られます!

オススメの有酸素運動!

運動では、体を動かした量に比例してカロリーを消費します。

効果を上げるには、運動の時間を増やしたり、全身や脚を使う運動がオススメです。

わざわざ行う運動は続きにくいことも多いので、日常生活の中で体の動かすのもオススメです!

カロリー消費が大きいオススメ運動

外:ランニング
室内:エアロバイク・踏み台昇降

無理なく行えるオススメ運動

外:ウォーキング
室内:エアロバイス(軽め)

日常の中で行う運動

車や電車→徒歩・自転車移動にする
エレベーター→階段を使う

消費カロリーの目安
ランニング1km:体重(kg)×1kcal
ウォーキング2km:体重(kg)×1kcal
3,000歩あるく:体重(kg)×2kcal

例)50kgの人が4km走ると、200kcal消費します

運動で消費すると、その分、ダイエット中でも好きな食事を楽しめます!

筋トレはメリハリを作るために行おう!

ポイントpoint
筋トレは、筋肉でメリハリのあるスタイルを作るために行いましょう!

筋トレは「筋肉をつける・ダイエットで筋肉を落とさない」効果があります。

体重を減らすためなら、筋トレは行わなくても大丈夫です。

専門的に見ると、筋トレ1時間で消費するのは100~150kcalぐらいです。

また、筋肉をつけると基礎代謝が上がりますが、やっと1kgつけても1日に+10~30kcalぐらいです。

一方で、筋トレは筋肉をつけるのに効果的な運動です!

体のバランスを考えて、理想のスタイルに合わせた筋トレメニューを行うと、目標通りに体が変わっていきます!

ダイエット指導でも、体重を減らすため・痩せるためではなく、筋肉でスタイルを作るために筋トレを行っています!

パソコン用の画像スマートフォン用の画像

キレイな体を楽しく作る!
プロも受けるダイエット指導

ダイエットPlezのコンサルタントが
あなたの体重を減らす指導!

体重の動き方を知ってモチベーションを保とう!

ポイントpoint
体重は脂肪の量と関係なく動くことがあり、脂肪が落ちていても体重が減らないケースがあります。
脂肪が落ちていれば次第に体重も減るので、モチベーションを落とさずダイエットを続けましょう!

体重はダイエットの指標で、一般的には「ダイエット=体重を減らす」というイメージが強いかと思います。

イメージと違っていて意外かもしれませんが、実は、 体重はダイエットの成果と関係なく動くことがよくあります。

体重は脂肪以外に水分などで変動する!

体重は主に、
 ① 骨・臓器
 ② 筋肉
 ③ 脂肪
 ④ 体の水分・糖質・胃腸の内容物
で構成されています。

この中で量が変わるのは、
 ② 筋肉
 ③ 脂肪
 ④ 体の水分・糖質・胃腸の内容物
です。

ダイエットで ③脂肪 を減らすとその分体重は減るので、体重はダイエットの目安になります。

しかし、短い期的では、③脂肪よりも
④体の水分・糖質・胃腸の内容物 で体重は変動するのです!

短期間では、体重は水分で動きやすい

ポイントpoint
短い期間では、体重は脂肪よりも水分などで動きます

専門的に分析と、ダイエットを頑張っても食べすぎても、 ③脂肪 は1日に100gぐらいしか変化しません。

一方で、④体の水分・糖質・胃腸の内容物 は、1日に1~2kg変化します。

水を1リットル飲むと、脂肪が増えませんが、体重は1kg増えますよね。

1週間ダイエットを頑張って脂肪を500g減らしても、水分が500g増えると、体重は全く減らないのです。

専門的に見ると、短い期間では、体重はダイエットの成果と関係なく動きます

脂肪が減っていれば、ダイエットを続けよう!

ポイントpoint
脂肪が減っていれば次第に体重も落ちてくるので、モチベーションを落とさずにダイエットを続けましょう!

体重が減らなくても、脂肪が減っていれば、そのままダイエットを続けていけば大丈夫です!

ダイエットの成果が出ていないワケではなく、成果は出ていて、それが一時的に体重に表れていないだけです。

体重が減らなくても、脂肪が減れば、その分見た目やサイズも変わります!

そして、水分などは一時的に増えるだけですぐに戻るので、脂肪が減った分、次第に体重も落ちてきます!

体脂肪が1日に100gしか減らないというと少なく感じるかもしれませんが、1ヶ月続ければ3kg落とせるペースです。

3kg落とせば、ウエストも平均3~6cm減って、周りの人にも気づいてもらえるぐらいの目安です!

体重は長期の変動を見よう!

ポイントpoint
体重が短期的に減らないことは気にせず、長期的な変化を見るようにしましょう!

短い期間だと、体重は脂肪の量と関係なくランダムに動きます。

これはダイエットと関係のない変動なので、気にしなくて大丈夫です!

体重が脂肪と関係なく動いて、判断を間違えてしまうことを、ダイエットPlezでは「体重の錯覚」と呼んでいます。

日々の体重の動きを気にすると、「頑張ってるのに体重が減らない・・・」とモチベーションを落とす原因になってしまいます。

専門的な分析と指導経験から、体重は日々の変動ではなく、週ごと・月ごとの変動を見るのがオススメです!

長い期間では、水分量の変化は一定に落ち着くので、体重と脂肪量の変化はほぼ連動します。

ダイエット指導の中でも、体重は週に1回測定して、週・月単位の変動を見るようにアドバイスしています!

ダイエット指導を受けた悠さんも、初めの半月はなかなか体重が減りませんでした。

ダイエット成功者の体重推移

モチベーションを落とさずにダイエットに取り組まれた結果、3ヶ月で△6.3kgのダイエットに成功されて、体もスッキリしました!

基礎代謝を戻して体重を減らそう!

ポイントpoint
体に必要な栄養素が不足すると、体のストレスが溜まって、基礎代謝が低下して痩せなくなってしまいます。
リフレッシュ期間を入れて基礎代謝を戻して
、体重を落としましょう!

ダイエットを行っていると、だんだん体重が減らなくなるケースがよくあります。

これは、ダイエットで体のストレスが溜まって、ホルモンバランスが乱れ、基礎代謝が低下することが原因です。

影響が大きいと、最大で△400~500kcal基礎代謝が低下してしまいます。

根拠論文(英語);https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20262471

よく言われる、「停滞期」や「飢餓状態になって体が脂肪を溜め込もうとする」ということも、専門的に見ると基礎代謝の低下がその正体です。

基礎代謝が大きく低下してしまうと、「やってるのに痩せない・・・」という状態になってしまいます。

そんな悲しい状況を避けるには、ストレスを解消するリフレッシュストレスをためないダイエットを行うことが効果的です!

しっかり食事を摂ってリフレッシュしよう!

ポイントpoint
基礎代謝が落ちてしまったら、しっかり食事を摂ってリフレッシュをして、基礎代謝を戻しましょう!

体のストレスがたまって基礎代謝が落ちてしまったら、ストレスを解消して基礎代謝を戻す、リフレッシュの調整が効果的です!

しばらくの間ダイエットを休んで、体に必要な栄養素・カロリーを摂るようにしましょう!

もちろん、食べすぎて体重・脂肪が増えてしまうと逆効果なので、スタイルをキープするぐらいの食事を楽しむことが目安です。

具体的なやり方は、それまでのダイエット方法や落ちた脂肪・体重によって様々です。

期間は短いと数日、長いと2~3週間が効果的です!

一度リフレッシュをしてそれからダイエットを行うことで、かえって脂肪・体重を減らせるようになります!

(ダイエット指導では、それまでの経過に合わせた具体的な方法をご提案しています。)

カロリー・主食を適度に摂って、基礎代謝を落とさない

ポイントpoint
極端なダイエットは行わず、適度に主食やカロリーを摂りながらダイエットをしましょう!

体にとって大切な、炭水化物やカロリーが少な過ぎると、基礎代謝は大きく落ちてしまいます。

糖質制限で主食をほぼ摂らなかったり、ファスティングでほぼ食事をしないと、基礎代謝は大きく低下してしまいます。

根拠論文(英語);https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26278052

体のストレスが大きいと、基礎代謝の調整にも時間がかかってしまいます。

ダイエット指導でも、過去に糖質制限やファスティングの経験者は痩せるペースが少し遅い傾向にあります。

調整を行えばしっかり痩せられますが、体重・脂肪が減るペースは少し遅くなってしまうケースもあります。

体のストレスを貯めないためにも、極端なダイエットは行わず、適度に主食やカロリーを摂るようにしましょう!

睡眠不足や疲れ、精神的なストレスが基礎代謝に影響することもあるので、疲れや精神的なストレスを貯めない生活も大切ですね!

パソコン用の画像スマートフォン用の画像

キレイな体を楽しく作る!
プロも受けるダイエット指導

ダイエットPlezのコンサルタントが
あなたの体重を減らす指導!

体重が落ちない悩みを解消したケース!

「ダイエットをしても体重が減らない・・・」という悩みは多いものです。

クライアントのまいさんも、なかなか体重が減らないことを悩んで、指導を受けて頂きました。

まいさんは、自己流の方法で主食カットを続けてきて、「基礎代謝の低下」と「ダイエットの効果が低いこと」の、2つの原因がありました。

ダイエットの前にまず、リフレッシュで基礎代謝を調整して、食事コントロールと家トレを20分×週2に取り組んで頂きました。

また、これまでのダイエットの影響で、基礎代謝が低下しやすい体になっていたため、定期的にリフレッシュをして頂きました。

ダイエット成功者の体重

結果として、6ヶ月で△15kg落として、ウエストは△23cmも減らせました!

まいさんには、
「今までの停滞期がウソのように、全体的にスッキリしました!友達にも痩せたと言ってもらえました!」
という感想を頂きました!

ダイエット指導を受けた方の感想

体重の動き方や、停滞期で痩せない原因など、科学的なメソッドを知れました!

瑞希さん(パーソナルトレーナー):
3ヶ月で△7.2kg・お腹△10cm

キレイに痩せるための食事法が分かりました!基礎代謝のメカニズムも教えてもらえて、スッキリしました。

有希さん(医師):
4ヶ月で-11.0kg・お腹-20.5cm

食事のコントロールでこんなにキレイに痩せられるのには驚きました!

香織さん:4ヶ月で△9.4kg・お腹△14cm

体重が減らない時はこうしよう!

体重が減らなくて、どうしたら良いか悩んでしまった時のために、よくあるケースと解決方法を紹介します!

一気に体重が落ちて、直ぐに停滞する

ダイエットを始めてすぐに体重が2kg減ったのに、そこから落ちなくなった・・・

数日~1週間ぐらいで一気に体重が減るのは、体の水分・糖質・胃腸の内容物が減った影響がほとんどです。

減った水分などが少し戻ると、脂肪が減った分と相殺されて、体重は減りません。

ポイントを押さえたダイエットなら、脂肪が減らなくなっているワケではないので、しっかり食事のコントロールを続けていきましょう!

体脂肪率は落ちても体重が減らない

体脂肪計の体脂肪率は下がっているのに、なかなか体重が減らない・・・

体脂肪計の体脂肪率はけっこう誤差があって、実際の体の変化を表していないことがよくあります。

体脂肪の変化を把握するには、この3つを見るのが効果的です!
① 長期的な体重
② ウエストなどのサイズ
③ 見た目の変化

総合的に見て脂肪が減っているようなら、体重もいずれ落ちてくるので、ダイエットを続けていきましょう!

サイズなども減っていない場合は、ダイエット法の改善や基礎代謝の調整が効果的になります!

食べるとすぐ体重が戻る

ダイエットをしてせっかく体重減っても、食べるとすぐ体重が戻ってしまう・・・

食べた直後に体重が増えたり、量を食べた翌日に体重が増えるのは、ほとんどが食べた物の重量なので、気にしなくて大丈夫です!

ずっと体重が減らない場合は、脂肪も減っていないので、ダイエット法の改善が必要になります!

運動で体重が落ちても、すぐに戻る

運動をしたあとは体重が減るのに、しばらくすると戻って、なかなか体重が減らない・・・

運動の後に減る体重は、汗などで水分が減った影響がほとんどで、水分を摂るとすぐに戻ってしまいます。

安定して体重を落としていくには、食事をコントロールして脂肪を減らすことが大切です!

ドカ食いするチートデイを行っている

停滞期がこないように、週に1回、ドカ食いをする「チートデイ」を行っている。

基礎代謝を落とさないために、チートデイが推奨されることがあります。

しかし、1日ドカ食いをしても基礎代謝は戻らず、ドカ食いをするとその分脂肪は増えてしまいます。

(チートデイを境に体重が落ちたように見えるケースもありますが、胃腸の内容物の変化が主な理由です)

基礎代謝を戻すためには、まとまった期間、脂肪が増えないぐらいの食事でリフレッシュをすることが効果的です!

基礎代謝を落とさずに痩せるには

基礎代謝を落とさない食事や運動で、しっかり痩せてリバウンドを防ぎたい!

基礎代謝を落とさないためには、体に必要な栄養素を摂って、体のストレスを溜めないことが大切です。

極端なダイエットは行わず、適度に主食・カロリーを摂りましょう。

ストレスを溜めないように、楽しく食事のコントロールを行うと、ダイエットの成功率はグッと高まります!

体重が落ちない原因と解決方法まとめ

体重が減らない原因とその解決方法はいかがでしたか?

今まで知っていたことと違って、驚いた部分もあるかもしれませんね。

この記事で、体重が減らない原因と、しっかり落とすダイエット方法を知って頂けたと思います!

体重を減らすポイント

脂肪が減っているのに体重が減らない時は、
答えはタップ

脂肪が減らない時(基礎代謝の低下がない場合)は、
答えはタップ

基礎代謝が低下して痩せなくなった時は、
答えはタップ

正しい方法を実践して、しっかり体重を減らしてダイエットに成功することを楽しみにしています!

あなたも、正しいダイエットで理想の体を手に入れてみませんか?

パソコン用の画像スマートフォン用の画像

キレイな体を楽しく作る!
プロも受けるダイエット指導

ダイエットPlezのコンサルタントが
あなたの体重を減らす指導!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSをフォローすると更新情報を受け取れます!

 ダイエットPlez(プレズ)

コメントを残す